エンジニアのキャリアアップを支援する、Azureに特化した業界初の研修にご興味はありませんか?
目まぐるしい技術進化に対応するための、エンジニアの学びの場を提供する『SEPC』。
『SPEC』では、実習形式のMicrosoft Azureに特化した以下のカリキュラムを提供します。

・Microsoft Azureの基礎からコンソール等の操作を習得
・オンプレミスの環境とMicrosoft AzureでID連携方法を習得
・ハイブリッドクラウド環境での移行体験

3日間のパブリッククラウドに特化したカリキュラムでエンジニアのスキルアップ、キャリアアップに
必要な多くの知識とスキルを実習形式で習得できる、その研修カリキュラムに迫ります。

■セミナー概要

開催日時

2021年11月17日(水) /2021年11月24日(水)/2021年12月8日(水) 
13:30 ~14:30(13:15受付開始)
※各日内容は同じです。いずれかにご参加ください。

参加費 無料
申し込み締切 開催当日 12:00まで
このような方にオススメ ・「エンジニアのスキルアップを検討しているものの、応用的な研修が見つからない」
・「パブリッククラウドに特化した教育を実施したい」
・「次世代に対応できるようなエンジニアの教育に興味がある」
主催 株式会社ナレッジピース
コクー株式会社
オンラインセミナー参加について

本オンラインセミナーはZoom ( ウェビナー ) を利用して開催します。
開催前日までにご登録いただいたメールアドレス宛に、以下3点をお送りいたします。

  • Zoomウェビナーへの【アクセス用のURL ( ウェビナーID ) 】
  • 【パスワード】
  • 【視聴URL】

当日はメールでご案内したお時間15分前までに、視聴確認をお願いします。
ご視聴の際はZoomの約款に同意のうえ、アプリをダウンロードし、
最新バージョン ( 5 .7 .8  ※9月15日現在 ) へのアップデートをお願いいたします。

ご視聴の環境(社内システム・通信ネットワーク等)により
Zoom ( ウェビナー ) にアクセスできない場合がございます。
また、視聴にかかる通信費等は視聴する方の負担となります。あらかじめご了承ください。

 >>セミナーのお申し込みはコチラ

 

■登壇者
コクー株式会社
ITインフラ事業本部 エデュケーションサービス部 部長 越野 雅規

約15年間、SESで複数のSIerに常駐し、Microsoftのソリューションを中心に業務支援を実施。
提案・見積対応、要件定義~構築・テストに至るまですべての工程・フェーズを経験し、オンプレミス、パブリッククラウド、これらと親和性の高いミドルウェアも含め幅広く経験。
現在は、エデュケーションサービス部 部長として、ITインフラエンジニア特化型の教育ソリューションを社内外に提供。
会社の新たなサービス領域の創出と拡大をMissionとして、組織マネジメントを実施しつつ活動中。

将来の日本経済を担う本物のベンチャー企業が輩出されていくことを願い、2000年に創刊された『ベンチャー通信』。
この度、『ベンチャー通信』2021年10月号(Vol.83)の企画「注目ベンチャー 新たな誓い」に当社を掲載いただきました。

 

EXCEL女子」「デジマ女子(R)」「RPA女子(R)」「インフラ女子(R)」など女性に特化したサービスを展開しているコクー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:入江 雄介)は、Forbes JAPAN主催「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2021」の企業部門(従業員規模別 300名以上1,000名未満の部)において、創立3年目にして第3位を受賞いたしました。

■コクーの女性活躍推進の目的
当社は、少子高齢化による生産人口減少という社会課題に対して、D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)実現の第一段階として、女性にフォーカスし、女性が「デジタル」のスキルを身につけ、一人ひとりが育児や介護などライフステージに合わせた「働きかた」や「キャリアパス」の選択肢がもてることを目指し支援しております。

▲当社で活躍する女性社員の様子

■女性活躍の取り組み
当社は、「女性がイキイキと働き、活躍している社会を創る」をビジョンに掲げ、主に以下の取り組みを行っております。

(1)女性に特化したサービス展開
EXCEL女子」「VBA女子」「BI女子(R)」「デジマ女子(R)」「RPA女子(R)」「インフラ女子(R)」のサービスを展開し、需要のあるデジタル人財として育成し、女性ならではの視点を活かし、付加価値をつけたサービスを提供。

(2)女性がライフステージを通して活躍できる環境づくり
「ままさぽ」:女性が妊娠や出産をした後ものびのびと働き続けられる職場環境をつくり、プレママやママをサポートするために「勤務時間変更の申出(つわり措置)」「妊産婦通院休暇」「産前休暇前倒し制度」「育児短時間勤務(小学校3学年まで)」などの制度化を実現。
また、2021年7月より女性社員のみで構成された女性活躍推進委員会を発足し、「女性の正確なニーズ」をキャッチし、女性がライフステージを経て中長期的に活躍し続けられる環境を引き続き整備してまいります。

(3)女性の育成、キャリアパスの選択肢拡大
 業界・職種未経験の方を採用・育成し、入社時研修「ITインフラ研修・VeXUS(ベクサス)」「デジタルマーケティング研修・76(ナナロク)カリキュラム」「EXCEL研修」などをはじめ、ステージを上げていけるよう学べる環境づくりに注力しております。またキャリアパスは社員自身が選択肢を持てるように、社員の希望により常駐先や他事業部への異動も可能にしております。

■取り組みの結果(2021年6月末時点)
前期(期初7月)の取り組みにより、役職者男女比率において女性の役職者比率は+6%となりました。2024年までには女性役員比率50%以上(女性役員9人以上)を目標とし、今期より全社員を対象とした役員育成プロジェクト(PROJECT-C)も始動いたしました。

今後D&I実現に向け、第一段階の「女性」活躍推進取組後、第二段階では、「シニア」「障害者」「外国籍」「介護・治療との両立」「LGBTQ」と変革の中を生き抜く「人財」の多様化を進めてまいります。

■Forbes JAPAN WOMEN AWARDとは
Forbes JAPANが、女性向けのライフキャリア支援事業を展開するLiB協力のもと、2016年に発足。毎年テーマが設定されており、2021年のテーマは、企業のジェンダー平等への取り組み、女性に対するエンパワーメント、男性の意識と理解等について国内企業の人事担当者やD&I推進担当役員、社員等にサーベイを実施し、Forbes JAPANが選定したアドバイザーの審査を通して、企業部門と個人部門に分けて、受賞者が決定されます。

Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2021サイト: http://forbesjapan.com/feat/womenaward2021/

■コクー株式会社について
「for me , for you.」社員満足なくして顧客満足は成しえない。これは私たちの理念です。
社員一人ひとりがイキイキと働き、ハッピーになること。そして、圧倒的な当事者意識を持って取り組むことが、真の顧客満足へつながると考えています。それが、より良い社会、未来をつくることになると私たちは信じています。

社名 コクー株式会社 (英記 COCOO Corp.)
所在地 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-29帝国書院ビル5階
設立 2019年2月6日
資本金 2億2千万円(資本準備金含む)
役員 代表取締役社長 入江 雄介
取締役 小室 俊幸
取締役 藤永 大
取締役 高橋 秀和
事業内容 <人財×デジタル事業>
・ITインフラ事業
・EXCEL女子事業
・デジタルマーケティング事業
・RPA事業
・REALVOICE事業
Webサイト https://cocoo.co.jp/
問い合わせ先 TEL:03-3527-1167(代表)

 

■本件に関するお問い合わせ
コクー株式会社
【報道関係の問い合わせ先】
広報グループ 担当:深町 
TEL: 080-7681-9473、03-3527-1167(代表) MAIL: prg@cocoo.co.jp

人財×デジタル事業のコクー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:入江 雄介)は、大和企業投資株式会社を引受先とする第三者割当増資により2億円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。
今回の資金調達は、DX(デジタルトランスフォーメーション)が進む社会において注目されるRPA事業を拡大し、コクーの完全無料の次世代RPAツール「マクロマン(R)」をシェアNo.1とすることを目的としたものです。

■資金調達の背景と資金使途
RPAは今後DXが加速する社会において重要なテクノロジーの一つです。当社はそのRPAツールを多くの方にお使いいただくために「マクロマン(R)」を無料で提供し、「RPA女子(R)」がRPAツール活用のためのサポートをしていくことで、DX社会における生産性の向上に貢献していきたいと考えております。
調達した資金は、「マクロマン(R)」の機能や価値を広めていくためのプロモーションや人財採用、プロダクトの更なる進化、サービス開発などに充当していきます。

■RPA事業について
一般的なRPAツールは導入コストが高く、導入に踏み出せない。また、導入してもRPAツールを使いこなせる人材が育成できず運用が進まないという課題があります。

当社はこの課題を解決するために、RPAツール「マクロマン(R)」を自社開発することでRPAツールを無料で提供し、導入後の開発から運用までをサポートする「RPA女子(R)」のサービスで収益を生み出すビジネスモデルを創りました。
開発から運用までを自社で行うことで「マクロマン(R)」の機能改善や開発をスピーディーに行うことが可能です。さらに人財ソリューションサービスを提供する当社だからこそ、「RPA女子(R)」による柔軟できめ細かいサポートを実現しています。
「RPA女子(R)」は高度な専門スキルをもつ女性正社員です。未経験者を教育し、専門スキルをもつプロに育てることで女性活躍も推進しています。

今後は「マクロマン(R)」をより使いやすくするために、マクロマン(R)の機能改善とSaaS型サポートプラットフォームの開発に力をいれてまいります。これによりRPAの市場浸透がより加速され、生産性を飛躍的に上げて働き方改革につながることを目指していきます。

RPAツールを駆使して企業の課題を解決する「RPA女子(R)」

■「マクロマン(R)」について
「マクロマン(R)」は、プロダクト費用は一切不要の完全無料の次世代RPAツールです。
日本で初めて無料提供を始めたRPAツールで、当社の「RPA女子(R)」が運用をサポートいたします。

「マクロマン(R)」は、「人とロボットが共生し、イキイキと働ける社会を創る」をミッションに掲げ、皆様が自分にしかできない仕事をして、自分なりの楽しみを見つけられるような社会を創ることを約束します。

▼マクロマン(R)サイト:https://macroman.jp/

■大和企業投資株式会社 国内投資運用第二部長 高原 幸男 
■大和企業投資株式会社 国内投資運用第二部 ベンチャー投資課 次長 堀川 浩祐
コメント
コクー社が開発する「マクロマン(R)」は、同社が設立以来、培ってきた人材派遣事業でのノウハウを活かした「RPA女子(R)」という人財を中心にサポートプラットフォームを構築する事で、RPA導入時のコストや運用面でのリソースに課題を抱えているユーザーにとって、よりニーズに沿ったプロダクトになると考えています。コクー社が掲げる「完全無料の次世代RPAツール『マクロマン(R)』がシェアNo.1となる」という目標も、入江社長なら必ずやり遂げると期待しています。大和企業投資としても弊社グループのネットワークを最大限活用して、コクー社の成長を支援させて頂きます。

■コクー株式会社 代表取締役社長 入江 雄介 コメント
RPA業界は今後非常に伸びていく業界でありますが、ユーザーは“コスト”と“人材”に課題を持っています。当社はその課題に対し、“コスト”には完全無料の次世代RPAツール「マクロマン(R)」、“人材”には「RPA女子(R)」のサポートサービスを提供することで解決してまいります。RPAを誰もが当たり前に活用する社会になり、自分にしかできない仕事に集中して取り組むことができたら、一人ひとりがよりハッピーに働けると信じていますし、日本全体の生産性の向上にも貢献できると考えています。これからの日本がもっと元気になっていくようなサービスを提供してまいりますので、ぜひご期待ください。

写真(右):大和企業投資(株) 国内投資運用第二部長 高原 幸男、(左):大和企業投資(株) 国内投資運用第二部 ベンチャー投資課 次長 堀川 浩祐、(中央):コクー(株) 代表取締役社長 入江 雄介

■コクー株式会社について
「for me , for you.」社員満足なくして顧客満足は成しえない。これは私たちの理念です。社員一人ひとりがイキイキと働き、ハッピーになること。そして、圧倒的な当事者意識を持って取り組むことが、真の顧客満足へつながると考えています。それが、より良い社会、未来をつくることになると私たちは信じています。

社名 コクー株式会社 (英記 COCOO Corp.)
所在地 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-29帝国書院ビル5階
設立 2019年2月6日
資本金 20,000,000円
役員 代表取締役社長 入江 雄介
事業内容 <人財×デジタル事業>
・ITインフラ事業
・EXCEL女子事業
・デジタルマーケティング事業
・RPA事業
・REALVOICE事業
Webサイト https://cocoo.co.jp/
問い合わせ先 TEL:03-3527-1167(代表)

 

■本件に関するお問い合わせ
コクー株式会社
【報道関係の問い合わせ先】
広報グループ 担当:深町 
TEL: 080-7681-9473、03-3527-1167(代表) MAIL: prg@cocoo.co.jp

この度、コクー株式会社は「eコミュニケーショングランプリ2021」の1次選考を通過いたしました。
「eコミュニケーショングランプリ」とは、リモートワークの急激な広がりにより、社員同士のコミュニケーション不足が企業の大きな課題となる中で、リモートワーク下でのコミュニケーションの工夫や知見を共有し、取り組みを称え合う場を作ることを目的とした「参加型」のグランプリです。

2次選考は「一般投票」となります。
1次選考を通過した“34社”の中から、良い取り組みだと思う企業の作品にぜひ投票をお願いいたします。
それがコクーの作品であれば幸いです。

 

■「eコミュニケーショングランプリ2021」 主催:月刊総務

▼1次選考通過作品
https://www.g-soumu.com/ecg/winners.html

#067 コクー株式会社
「オフライン文化の会社がオンラインに挑む!できない理由ではなく、できる方法を考える!」

=====

▼2次選考「一般投票」

・投票期間
2021年7月5日(月)〜2021年8月5日(木)

・投票の流れ
①「投票者エントリー」を行う
②良い取り組みをしていると感じた企業に投票(最大3つまで)

▼投票画面
https://ecg.mpsol.jp/retail/site/index.html

 

PAGE TOP