2020.01.06

2020年 年頭のご挨拶 (コクー株式会社 代表取締役社長 入江雄介)

皆様、新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご支援お引き立てを賜り、心より御礼申し上げます。

2019年の国内経済は、戦後最長の景気拡大期間を更新し、
企業収益や雇用環境の改善に伴い緩やかな回復基調にある一方で、
米中貿易摩擦の長期化や消費税率の引き上げ等により、
成長の継続性については、先行き不透明な状況で推移しております。

IT・人材業界を取り巻く環境においては、本格的な労働人口減社会に入っていく中で、
専門人材の不足がより深刻となってきており、今後も需要は大きいと感じております。
また、今年は5Gの商用サービスも開始されるので、今後は様々な業界で
デジタルトランスフォーメーションが活性化されてくることが予測されます。

私たちは「人財×デジタル」領域にて事業を行っていますが、
飛躍的な成長をしていくためには、二つの視点でみていく必要があると考えています。

それは、「深化」と「進化」です。

「深化」とは、既存事業の深みを増す(よりレベルアップ)していくことです。
もっとも注力していくのが、採用です。
私たちの理念やビジョン、そしてカルチャーをより醸成し、
それを適切なヒトに適切なカタチでプロモーションしていくことで、
圧倒的な採用力を身に付け、よりよい成長のエコシステムをつくっていきます。

「進化」とは、+αです。新しいことへの挑戦です。
人財サービスのノウハウを活かしたデジタル事業への挑戦がその一つです。
昨今成長が著しいRPAやデジタルマーケティングなどの伸びていく分野に水平展開しつつ、
多角化事業として挑戦している不動産テック「REALVOICE」など、
企業の業績や生産性向上に、デジタルで貢献できるサービスを創っていくことは、
これからの企業成長の重要な指標となっていきます。

2019年は、創業元年として飛躍的成長のための準備の年となりました。
2020年も、社員一人ひとり(CO)が、最高執行責任者(COO)として、
当事者意識を持って取り組みながら、大きな成長を遂げていく年にしてまいります。

「感謝を忘れず、笑顔を絶やさず」

どうぞ本年も宜しくお願い申し上げます。

 

コクー株式会社
代表取締役社長 入江 雄介

PAGE TOP